北海道支部作品発表会

第42回(2022) 北海道建築作品発表会
応募資格:本会会員の作品に限定せず、広く一般より公募します。
応募対象:建築、都市空間や農山漁村等の領域の実施作品及び構想案、アート表現などを対象とします。
応募手続:
(1) 作品の登録締切 9月2日(金)16:00(必着厳守)
登録フォームを学会支部HP http://hokkaido.aij.or.jp/wp/ よりダウンロードし、必要事項と外観のわかる写真データ1枚を貼り付け、添付ファイルで学会支部メールアドレス aij-hkd@themis.ocn.ne.jp に送信してください(ファクシミリでの登録は不可)。 登録締切を厳守してください。
(2) 作品集の原稿等の提出締切9月16日(水)16:00(郵送必着)
募集要項

創造的な設計活動は、地域の建築と都市空間や風景の質の向上に重要な意義を持っています。日本建築学会北海道支部では、建築設計関係諸団体の協力のもとに公開の建築作品発表会を開き、建築設計・計画における計画から実現へのプロセスを設計意図・方法・成果のかたちでまとめ、発表・討論を通じて相互に錬磨する場を設けております。

2020年度は、新型コロナウイルスの世界的規模の感染拡大によるリスク回避のため、それまで続けてきた近代美術館おける発表者や聴講者が一堂に会する公開形式での開催を断念、作品集の刊行にとどめた建築作品発表会としました。これに加えて、感染拡大が小康状態を迎えた12月上旬には、限定した参加人数による対面式の発表と、オンラインによる発表・参加を組み合わせたハイブリッド形式による発表会を、任意の交流会として、北海道大学工学部共用実験棟において試行開催しました。交流会参加者からは、本発表会の継続を望む多くの声が寄せられました。残念ながら、2020年から続く感染拡大はいまだ終息せず、わが国においても引き続き人々の移動や集団活動の自粛が求められる中、今年度の日本建築学会の諸事業も、限られた範囲の実施に制限せざるを得ない状況が続いています。

そこで、今年度は、北海道大学工学部共用実験棟を会場とし、今まで培ったノウハウを活用しながら、対面式とオンラインよる発表・参加の両方が可能なハイブリッド形式の建築作品発表会を、感染防止対策を講じた上で開催することとしました。また、作品集もこれまで通り刊行します。本作品発表会の専用ウェブサイトについては、今後も検討して参ります。尚、本発表会の時期近くに感染拡大の状況が想定以上に悪化した場合には、やむを得ない措置として、対面式参加者の規模を縮小する場合があることをご理解頂ければ幸いです。

本支部では、この困難な時代を乗り切り、歴史ある本建築作品発表会を、これからも継続し発展させていきたいと考えます。建築界だけでなく、広く地域社会での健全な建築批評の醸成に役立ち、地域文化の発展に寄与するため、困難な状況にあるいまだからこそ、皆様の積極的な参加を期待し、下記の要領で募集を募ります。

主催 一般社団法人 日本建築学会北海道支部
共催 公益社団法人 日本建築家協会北海道支部
一般社団法人 北海道建築士会
一般社団法人 北海道建築士事務所協会

連絡先: 一般社団法人 日本建築学会北海道支部(事務局)
〒060-0004 札幌市中央区北4条西3丁目 北海道建設会館6階
Tel:011-219-0702 Fax:011-219-0765
e-mail:aij-hkd[AT]themis.ocn.ne.jp
http://hokkaido.aij.or.jp/wp/

AIJ Hokkaido Branch